西武の佐々木投手に出場停止処分

コロナ感染対策ルール違反

© 一般社団法人共同通信社

西武の佐々木健投手

 西武は25日、球団が定める新型コロナウイルス感染防止対策に違反したとして、新人の佐々木健投手(25)を1カ月の対外試合出場禁止処分にしたと発表した。

 球団によると、同居家族以外との会食など感染リスクの高い行動を禁じたルールを破り、7月と8月の2度にわたり知人女性と長時間面会した。提出が義務付けられる行動記録を提出していなかったり、記載漏れがあったりしたという。

 23日に佐々木投手自身から報告があり、24日に球団が確認。佐々木投手は球団を通じ「私自身の甘さゆえ、ファンの皆さまの期待を裏切る行動を取ってしまったこと、心よりおわび申し上げます」とコメントした。