大坂なおみをバックアップ! 全米OP「静音室」設置でメンタルサポート

© 株式会社東京スポーツ新聞社

もう悩まない

女子テニスの世界ランキング2位・大坂なおみ(23=日清食品)に心強い味方だ。

30日開幕の4大大会「全米オープン」(ニューヨーク)を主催する全米テニス協会(USTA)は24日(日本時間25日)、選手のメンタルヘルスを支える本格的な取り組みを発表。「医療サービスプログラム」として様々なサポート体制を構築し、大会中は出場選手が利用できる「クワイエットルーム(静音室)」が設置されるという。

全米OPで連覇を狙う大坂は今年5月、全仏オープン直前に会見拒否を表明。大会を棄権するとともに「メディアに向けて話す前は大きな不安が押し寄せます。すごく緊張し、常に最適の答えを導き出すことがストレスになっています」として長年〝うつ状態〟に悩んでいたことを告白した。

選手のメンタルヘルス問題は他競技でも議論の的となっており、会見を拒否すると罰金が科される制度に関しても賛否両論。そんな中、大坂が「第2の故郷」と言う全米OPが全面バックアップを約束した。

USTAの最高責任者を務めるマイク・ダウズ氏は「選手が最高のレベルで競うために必要なリソースを提供するために、具体的な措置を講じていく」とコメント。また、同プロジェクトに携わったコルビン博士は「アスリートのメンタルヘルスと健康を支える包括的な医療を提供し、先導的な役割を果たせることを誇りに思う」と語っている。

メンタル面で不安を抱える大坂だが、自分自身の問題提起によって、また一つ新たな道が切り開かれた形だ。