大橋悠依「自然に気合が入る」

五輪後初戦のISL出発前に

© 一般社団法人共同通信社

国際リーグへの出発前にオンラインで取材に応じる大橋悠依=25日

 競泳のチーム対抗戦、国際リーグ(ISL)に出場する東京五輪女子個人メドレー2冠の大橋悠依(イトマン東進)が25日、試合が行われるナポリ(イタリア)へ向けて出発する前にオンラインで取材に応じ「チーム戦なので、自然に気合が入る」と話した。

 北島康介ゼネラルマネジャーが率いる東京フロッグキングスの一員。五輪後の初戦へ「しっかり刺激を入れて体を起こしていく」と語った。一緒に練習をしてきた萩野公介(ブリヂストン)が引退することには「過程を見ているからこそ(五輪で)すっきりしたレースをやってくれてすごく良かった」と述べた。