決勝は“大阪対決”に Tリーガー擁する貝塚第二中vs4連覇狙う四天王寺<全中女子団体準決勝>

© 株式会社ラリーズ

<第52回全国中学校卓球大会 日時:8月24日~26日 場所:日環アリーナ栃木>

25日、全国中学校卓球大会は2日目を迎え、女子団体の準決勝が行われた。四天王寺(大阪)と貝塚第二(大阪)が決勝へ進出した。

女子団体準決勝

横浜隼人と四天王寺の試合では、1番で伊藤詩菜(四天王寺)、2番で岩木仁香(横浜隼人)がそれぞれ1本ずつ取って1-1に。ダブルスを兼吉優花/荻原怜奈(四天王寺)ペアが制すと、4番で山本真愛(四天王寺)が島村果怜(横浜隼人)を3-1で抑え、決勝進出を決めた。

貝塚第二と益田の試合では、1番を大崎陽歌里(益田)が、2番をTリーグ・日本生命レッドエルフにも所属する篠原夢空(貝塚第二)がとり、1-1で折り返す。ダブルスを田治米綾佳/南雲日花(益田)ペアが取って益田が王手をかけるが、4番で上澤杏音(貝塚第二)、ラストで竹谷美涼(貝塚第二)がそれぞれ3-1で勝利し、貝塚第二の逆転勝ちとなった。

決勝は4連覇を狙う四天王寺と貝塚第二による大阪勢対決となった。

結果

横浜隼人 1-3 四天王寺〇

桧山夏望 1-3 伊藤詩菜〇
〇岩木仁香 3-2 高森愛央
宮内理仲/渋川日和 0-3 兼吉優花/荻原怜奈〇
島村果怜 1-3 山本真愛〇
五十嵐のぞみ – 青木咲智

〇貝塚第二 3-2 益田

写真:1番シングルスで勝利した大崎陽歌里(益田中)/撮影:ラリーズ編集部

吉本はな 2-3 大崎陽歌里〇
〇篠原夢空 3-1 山田彩心
樋浦光/倉嶋杏奈 2-3 田治米綾佳/南雲日花〇
〇上澤杏音 3-1 北代寿珠
〇竹谷美涼 3-1 東ゆめ

写真:ラストを締めた竹谷美涼(貝塚第二中)/撮影:ラリーズ編集部

決勝組み合わせ

四天王寺 – 貝塚第二

全国中学校卓球大会とは?

「全中」と呼ばれることが多い全国中学校卓球大会は、大学生の全日学(インカレ)、高校生の高校総体(インターハイ)と並んで学生卓球の頂点を決める大会である。

試合は男女団体と男女シングルスの計4種目で行われる。団体は6人で、4シングルスと1ダブルスで重複ができないシステムとなっている。出場可能な選手は各ブロックの代表チームや選手に加え、開催地代表枠と、日本卓球協会の推薦枠が存在する。

文:ラリーズ編集部