中部のレフティ・笠原瑛が3打差をつけて首位浮上!【日本学生】

© グローバルゴルフメディアグループ株式会社

レフティの笠原瑛が首位に浮上(JGA提供)

<2021年度(第74回)日本学生ゴルフ選手権競技 2日目◇25日◇愛知カンツリー倶楽部(愛知県)◇7132ヤード・パー71>

学生日本一決定戦、「2021年度(第74回)日本学生ゴルフ選手権競技」の2日目の競技が終了。トップと1打差の2位からスタートしたレフティの笠原瑛(中部学院大学2年)が7バーディ・3ボギーの「67」をマークし、トータル9アンダーで単独首位に躍り出た。

3打差のトータル6アンダー・2位タイグループには、蝉川泰果、鈴木晃祐(ともに東北福祉大学3年)、田中伸乃輔(同志社大学 4年)、豊田龍生(日本大学3年)が続いている。初日トップの黒川ツインズの弟・航輝(東北福祉大学4年)は「73」とスコアを2つ落として、トータル4アンダー・11位タイに後退した。

2日目を終わり、トータル2オーバー・46位タイまでの52人があすの第3ラウンドに進む。