原田知世主演で益田ミリ原作「スナック キズツキ」連ドラ化!「楽しみながら伸びやかに演じられたら」

© 株式会社東京ニュース通信社

原田知世が、テレビ東京ほかで10月8日にスタートするドラマ24「スナック キズツキ」(金曜深夜0:12)で主演を務めることが分かった。原田は同局のドラマ初出演にして初主演となる。

ドラマは、女性を中心に幅広い支持を得ており、最近では「僕の姉ちゃん」のドラマ化でも話題になっている漫画家・益田ミリ氏による同名コミックが原作。原田が演じるのは、さまざまな悩みで傷ついた人がたどり着く、アルコールを置いていないちょっと変わった店「スナック キズツキ」のママ・トウコ。トウコは温かい飲み物や、おいしい料理などで訪れた客の“キズ”を癒やしていく。

原田は「『スナック キズツキ』こんなお店があったら私も行ってみたい。原作を読んでまずそう思いました」と原作の印象を語り、「店主のトウコさんはお店に来た人たちの心にそっと寄り添い、思いもよらぬ方法で、胸にしまっていたモヤモヤを吹き飛ばしてくれる。不思議な魅力を持った人です。そんなトウコさんを、楽しみながら伸びやかに演じられたらと思っています」と意気込みを語っている。

一方、原作者の益田氏からは「主演のスナックのママ役が原田知世さんと伺った時は、『あんなことや、こんなことを演じてくださるなんて!』と驚いたと同時に、すてきなドラマになることを確信しました」と期待のコメントが寄せられている。