東京パラ車いすバスケ女子 日本が2連勝

© 株式会社神戸新聞社

車いすバスケットボール女子1次リーグ・日本-英国 第4クオーター、シュートを放つ日本の網本麻里(15)=武蔵野の森総合スポーツプラザ(撮影・吉田敦史)

 東京パラリンピック第3日の26日、車いすバスケットボール女子の1次リーグA組第2戦が行われ、日本は54-48で英国を退け、開幕2連勝を飾った。

 兵庫県伊丹市出身の北間優衣(日本生命)は先発出場。持ち点制の競技で最も重い1.0点のため、チームの中心とはいかないが、首をよく振って相手の進路に先回りするなど好守を披露。攻めては速攻に走って相手マークを引き寄せ、味方を援護した。

 1次リーグA組第3戦は26日にあり、日本はカナダと対戦する。 【車いすバスケットボール】

 ボールやコート、ゴールの高さなどの規定は通常のバスケットボールと同じだが、止まった後にドリブルを続けてもダブルドリブル(反則)にはならない。障害の程度によって1.0点(重い)から4.5点(軽い)まで0.5点刻みの持ち点があり、出場5人の合計を14点以内に収めないといけない。