張本美和、団体Vの貝塚二・上澤杏音に勝利し準決勝へ<全中女子シングルス準々決勝>

©株式会社ラリーズ

<第52回全国中学校卓球大会 日時:8月24日~26日 場所:日環アリーナ栃木>

26日、全国中学校卓球大会は最終日を迎え、女子シングルス4回戦が行われ、張本智和(川中島中)が団体優勝メンバーの上澤杏音(貝塚第二中)にフルゲームの末勝利し、準決勝進出を決めた。上澤は地元栃木で団体・シングルスの2冠とはならなかった。

また、貝塚第二勢は、篠原夢空と竹谷美涼が準決勝に勝ち残っている。

その他の結果は以下の通り。

女子シングルス準々決勝結果

〇篠原夢空(大阪・貝塚第二)3-1 岩木仁香(神奈川・横浜隼人)
吉田一葉(山口・玖珂) 0–3 竹谷美涼(大阪・貝塚第二)〇
〇鈴木美咲(岡山・山陽学園)3-2 吉本はな(大阪・貝塚第二)
上澤杏音(大阪・貝塚第二)2-3 張本美和(神奈川・川中島)〇

女子シングルス準決勝組み合わせ

写真:竹谷美涼/撮影:ラリーズ編集部

篠原夢空(大阪・貝塚第二)- 竹谷美涼(大阪・貝塚第二)
鈴木美咲(岡山・山陽学園)- 張本美和(神奈川・川中島)

全国中学校卓球大会とは?

「全中」と呼ばれることが多い全国中学校卓球大会は、大学生の全日学(インカレ)、高校生の高校総体(インターハイ)と並んで学生卓球の頂点を決める大会である。

試合は男女団体と男女シングルスの計4種目で行われる。団体は6人で、4シングルスと1ダブルスで重複ができないシステムとなっている。出場可能な選手は各ブロックの代表チームや選手に加え、開催地代表枠と、日本卓球協会の推薦枠が存在する。

写真:台のアルコール消毒を行う審判員/撮影:ラリーズ編集部

今大会もコロナ対策が施されている。試合以外でのマスクの着用や、検温・消毒についても選手や審判員が徹底している。

文:ラリーズ編集部