激戦制した松島輝空、決勝へ 2冠を目指す名電・坂井と激突<全中男子シングルス準決勝>

©株式会社ラリーズ

<第52回全国中学校卓球大会 日時:8月24日~26日 場所:日環アリーナ栃木>

26日、全国中学校卓球大会は最終日を迎え、男子シングルス準決勝が行われた。

第1シードの松島輝空(星槎)は、吉山和希(愛工大名電)にゲームカウント3-2の激戦を制し、決勝進出を決めた。また、準々決勝で渡部民人を破った坂井雄飛(愛工大名電)は、薜大斗(河北台)にストレート勝ちを収め、決勝に勝ち上がった。

決勝を戦う松島と坂井は、勝てば共に全中シングルス初優勝となる。団体との2冠を狙う3年生の坂井が、最後の全中を有終の美で飾るのか。それとも、松島が全日本ジュニア準優勝の貫禄を見せつけるのか。決勝戦から目が離せない。

男子シングルス準決勝結果

写真:坂井雄飛/撮影:ラリーズ編集部

〇松島輝空(神奈川・星槎)3-2 吉山和希(愛知・愛工大名電)
薜大斗(石川・河北台)0-3 坂井雄飛(愛知・愛工大名電)〇

男子シングルス決勝組み合わせ

松島輝空(神奈川・星槎)- 坂井雄飛(愛知・愛工大名電)

全国中学校卓球大会とは?

「全中」と呼ばれることが多い全国中学校卓球大会は、大学生の全日学(インカレ)、高校生の高校総体(インターハイ)と並んで学生卓球の頂点を決める大会である。

試合は男女団体と男女シングルスの計4種目で行われる。団体は6人で、4シングルスと1ダブルスで重複ができないシステムとなっている。出場可能な選手は各ブロックの代表チームや選手に加え、開催地代表枠と、日本卓球協会の推薦枠が存在する。

写真:台のアルコール消毒を行う審判員/撮影:ラリーズ編集部

今大会もコロナ対策が施されている。試合以外でのマスクの着用や、検温・消毒についても選手や審判員が徹底している。

文:ラリーズ編集部