SC相模原 J2残留へ、後半戦に注目 新戦力8人を補強

相模原市緑区

©株式会社タウンニュース社

チームをけん引するMF藤本(9日、相模原ギオンスタジアム)=SC相模原提供

サッカーJ2リーグは東京2020オリンピック開催中の中断期間を終えた8月9日、リーグを再開させた。地元サッカークラブのSC相模原は、再開後のホーム2連戦で1勝1分の結果を収め、勝ち点4を獲得。順位を一つ上げる好調なすべり出しを見せた。シーズン途中の6月以降、8人の選手が加入し、早いペースで戦力を補強するSC。J2残留をかけた後半戦の戦い方に注目が集まる。

SC相模原は、今シーズンJ2に昇格し初めてのカテゴリーで戦い続けてきたが、オリンピック開催前の第23節まで3勝13敗7分・勝ち点16で最下位に沈む苦しい状況が続いていた。三浦文丈前監督は、5月30日のモンテディオ山形戦を最後に解任された。

6月には元日本代表FWの高木琢也氏=人物風土記で紹介=が新たに監督に就任した。第26節までの10試合を戦い、就任直後は3連敗したものの、その後は引き分けや勝利を収め、善戦した試合が続いている。

ホーム連戦は勝ち点4

中断期間を終えた最初のゲームは9日、ホーム相模原ギオンスタジアムで栃木SCと対戦。0対0の引き分けに終わったが、14日に行われたヴァンフォーレ甲府戦は1対1の同点で迎えた後半にMF藤本淳吾が決勝点を決め勝利に貢献。2試合で勝ち点4を獲得し、最下位から脱した。

戦力補強を加速

SCは高木監督が就任した6月以降、サガン鳥栖からFW兒玉澪王斗(19)、浦和レッズからDF藤原優大(19)などを獲得、8人の選手が新たな戦力として加わっている。高木監督は「力のある表現をした選手を起用しており、競争力は高まっている」と話す。

22日の試合は敗戦し、4勝14敗8分・勝ち点20の最下位。残りは16試合。J2リーグで戦う22チーム中、下位4チームがJ3に自動降格する。高木監督は「順位が近い相手との対戦が重要。きれいごとにこだわらず、気持ちで負けてほしくない。勝ち点3をもぎとる意識を強くしたい」と後半戦への意気込みを話した。