W杯、久保建や吉田ら24人選出

9月開始の最終予選

© 一般社団法人共同通信社

オンラインで記者会見するサッカー日本代表の森保監督=26日((C)JFA)

 日本サッカー協会は26日、9月に始まる2022年ワールドカップ(W杯)カタール大会アジア最終予選B組でオマーン、中国両代表戦に臨む日本代表を発表し、久保建(マジョルカ)吉田(サンプドリア)ら24人が選ばれた。20歳のGK谷(湘南)は初選出で、柴崎(レガネス)は昨年11月以来の復帰を果たした。

 初戦のオマーン戦は9月2日に大阪・パナソニックスタジアム吹田、当初はアウェー開催だった同7日の中国戦は中立地のドーハで行われる。コロナの影響による渡航制限で中国開催が困難なため。

 オンラインで森保監督は「本大会に駒を進められるように一丸となって頑張りたい」と述べた。