WBC王者・寺地がコロナ感染

9月の防衛戦は延期が決定

©一般社団法人共同通信社

寺地拳四朗

 世界ボクシング評議会(WBC)ライトフライ級チャンピオンの寺地拳四朗(29)=BMB=が新型コロナウイルスに感染したことを26日、所属ジムが発表した。9月10日に挑戦者矢吹正道(緑)と対戦予定だった9度目の防衛戦(京都市体育館)は延期が決まった。

 寺地は東京都の三迫ジムで練習を積んでいたが、23日に担当トレーナーの感染が判明。寺地は24日に37.5度の発熱と倦怠感があり、25日に陽性が確認された。26日には36.9度に下がり自宅隔離中で保健所の指示を待っている。

 9月10日に予定された試合は防衛戦以外も全て延期になった。