競泳の鈴木が東京パラ「金」1号

日本勢2大会ぶり頂点に、第3日

© 一般社団法人共同通信社

男子100メートル自由形(運動機能障害S4)決勝 ガッツポーズする鈴木孝幸。日本勢の金メダル第1号となった=東京アクアティクスセンター

 東京パラリンピック第3日の26日、競泳男子100メートル自由形(運動機能障害S4)の鈴木孝幸(34)が1分21秒58の大会新記録で制し、日本選手団の今大会、金メダル第1号に輝いた。日本勢が頂点に立つのは2012年ロンドン以来2大会ぶり。鈴木は3位だった25日の50メートル平泳ぎに続く表彰台となり、「金」は08年北京大会の50メートル平泳ぎ以来で通算7個目のメダル。

 男子400メートル自由形(視覚障害S11)では富田宇宙(32)が銀メダルを獲得した。

 車いすバスケットボールの1次リーグで、男子の日本は初戦でコロンビアに勝利。女子は英国を退けて2連勝とした。