【MLB】「みんな起きて!」 大谷翔平の先頭打者弾に米メディア起床アラート「また打ったぞ」

© 株式会社Creative2

41号ソロを放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

前夜の投打同時出場からデーゲームで先頭打者弾、7試合ぶりの41号

■オリオールズ 13ー1 エンゼルス(日本時間27日・ボルティモア)

エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、敵地・オリオールズ戦で「1番・指名打者」で先発出場し、初回の第1打席で先頭打者弾となる41号を放った。2打数1安打2四球で打率.269。チームは1-13で大敗したが、登板翌日弾に米メディアは大盛り上がりだった。

初回先頭。大谷は左腕・エイキンの甘く入ったカーブをバットに乗せた。7試合ぶりの右越え41号はメジャー3本目の先頭打者弾。リーグの本塁打王争いでは2位のブルージェイズ・ゲレーロJr.に5本差をつけた。ベーブ・ルースの生誕地では初本塁打。球団のシーズン本塁打記録では2000年グロース(47本塁打)、2019年トラウト(45本塁打)に次いで球団3位タイとなった。

前夜の投打同時出場から“中半日”で指名打者出場してアーチをかけた。ブックメーカー「BetMGM」の番組司会者、キントン・マーヨ氏は「オオタニ、おかえりなさい。ライトへホームラン」とツイート。KCOUスポーツのアダム・ローゼン記者は「みんな起きて! ショウヘイ・オオタニがまたホームランを打ったぞ!」と東海岸のデーゲームで放った一発を知らせた。

米放送局「FOXスポーツ」のアナリストで、“大谷マニア”のベン・バーランダー氏は「今の野球における私のお気に入りはショウヘイ・オオタニが敵地でホームランを打った時にファンが彼に声援を送ることだ。私はそれが大好きだ」とツイートした。勝ち星に結びつかなかったが、各方面から称賛のコメントが寄せられる一発となった。(Full-Count編集部)