陸上5千mで唐沢が銀、和田は銅

パラ、卓球伊藤のメダル確定

©一般社団法人共同通信社

男子5000メートル(視覚障害T11)力走する唐沢剣也(中央)=国立競技場

 東京パラリンピック第4日の27日、陸上の男子5000メートル(視覚障害T11)で初出場の唐沢剣也が銀メダル、3度目出場の和田伸也が銅メダルを獲得した。

 卓球の女子シングルス(知的障害)は伊藤槙紀が1次リーグを突破して準決勝に進出。3位決定戦は行われないため、メダルが確定した。

 柔道は女子52キロ級の藤原由衣が準決勝で敗れて3位決定戦に回った。男子は66キロ級の瀬戸勇次郎が敗者復活戦に勝って3位決定戦に進んだ。

 車いすラグビーは1次リーグA組で日本の準決勝進出が決定。車いすバスケットボール女子の1次リーグでA組の日本は1試合を残して準々決勝進出が決まった。

男子5000メートル(視覚障害T11)力走する和田伸也(左)=国立競技場