唐沢が銀、和田は銅

陸上・27日

© 一般社団法人共同通信社

男子5000メートル(視覚障害T11) 2位でゴールする唐沢剣也(右端)。左奥は3位の和田伸也=国立競技場

 陸上男子5000メートル(視覚障害T11)で唐沢剣也(群馬県社会福祉事業団)が15分18秒12で銀メダル、和田伸也(長瀬産業)は15分21秒03で銅メダルを獲得した。

 女子走り幅跳び(視覚障害T11)で高田千明(ほけんの窓口)は4メートル74で5位だった。

 男子400メートル(車いすT52)予選で佐藤友祈(モリサワ)は2組1着、上与那原寛和(SMBC日興証券)は1組2着で決勝に進んだ。同100メートル(上肢障害T47)予選で石田駆(愛知学院大)は11秒15の1組5着となり、タイムで拾われ決勝へ進んだ。