陸上男子400、佐藤が「金」

今大会の日本勢で2個目

© 一般社団法人共同通信社

男子400メートル(車いすT52)で金メダルを獲得し、ガッツポーズする佐藤友祈=国立競技場

 東京パラリンピック第4日の27日、陸上の男子400メートル(車いすT52)で前回大会2位の佐藤友祈(31)が55秒39の大会新で制し、金メダルを獲得した。今大会の日本勢2個目。上与那原寛和(50)が3位に入った。

 男子5000メートル(視覚障害T11)は唐沢剣也(27)が銀、和田伸也(44)は2大会ぶりの銅メダルを手にした。同100メートル(上肢障害T47)の石田駆(22)は5位。

 柔道は男子66キロ級の瀬戸勇次郎(21)が3位決定戦を制して銅メダル。

 卓球女子シングルス(知的障害)は伊藤槙紀(36)が準決勝に進出。3位決定戦がないためメダルが確定した。

男子5000メートル(視覚障害T11)の表彰式を終え、記念撮影に応じる銀メダルの唐沢剣也(中央左)と銅メダルの和田伸也(同右)=国立競技場
男子66キロ級3位決定戦でジョージアの選手(手前)を破り、銅メダル獲得を決めた瀬戸勇次郎=日本武道館
日本―オーストラリア 第4ピリオド、オーストラリアのライリー・バット(手前右)からボールを奪う池=国立代々木競技場