アフガンから日本人1人退避

空自輸送機でパキスタンへ

© 一般社団法人共同通信社

27日、パキスタン・イスラマバードの空港に到着した航空自衛隊の輸送機(共同)

 イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンから27日、日本人1人が航空自衛隊の輸送機で退避し、隣国パキスタンの首都イスラマバードの空港に到着した。アフガンの首都カブールの空港は、米軍が管制を掌握している一方、周辺では自爆テロもあり不安定な状態。邦人らの退避に向けた自衛隊の活動は難航していたが、8月末の米軍撤退期限が近づき、安全に活動できるのは27日いっぱいとみて、調整していた。

 政府は、出国を希望しないごく少数の邦人が、アフガンに残っていると明らかにした。

 退避したのは現地で事業を営みながら共同通信カブール通信員を務める安井浩美さん(57)。

23日、アフガニスタンに残る邦人らの退避支援に派遣される自衛隊員らを乗せ、埼玉県の航空自衛隊入間基地から鳥取県の美保基地に移動したC2輸送機(共同通信社ヘリから)