父にささげる銅メダル

35歳アセイトゥノが涙

© 一般社団法人共同通信社

パワーリフティング男子59キロ級で184キロに成功したエルベルト・アセイトゥノ=27日、東京国際フォーラム

 27日のパワーリフティング男子59キロ級で3位に入った35歳のエルベルト・アセイトゥノ(エルサルバドル)は、昨年7月に新型コロナウイルスで父を失った。「東京でメダルを取ると父に約束した。言葉がないくらい感情的な気持ちだ」。会場の東京国際フォーラムでの表彰式後には故人の写真をプリントしたTシャツを着て、涙ながらに銅メダルを握った。

 父に語りかけるように、天井を見上げてから臨んだ試技。2回目に184キロを成功し、4位に1キロ差で歓喜の瞬間を迎えた。人口約650万人の中米の小国にとって、五輪とパラリンピックの全競技を通じて初メダルという快挙となった。

パワーリフティング男子59キロ級で試技に挑むエルベルト・アセイトゥノ=27日、東京国際フォーラム