松山英樹は暫定15位に後退 イーグル含め3つ伸ばすも周りの状況に「このスコアは納得できない」

© グローバルゴルフメディアグループ株式会社

ムービングデーに伸ばすことができるか(撮影:GettyImages)

<BMW選手権 2日目◇27日◇ケイブス・バレーGC(メリーランド州)◇7542ヤード・パー72>

悪天候により1時間49分の中断があった「BMW選手権」2日目は全組ホールアウトできず。松山英樹は1イーグル・4バーディ・2ボギーの「69」でホールアウト。トータル8アンダーの暫定15位タイとなっている。

松山は2番パー5で残り257ヤードからの2打目をベタピンにつけてイーグルを先行させる格好の展開。その後も1つ伸ばして折り返したが、折り返しの10番でボギーを叩くと、その後は2バーディ・1ボギーと伸ばしきれず。3つ伸ばしながらも順位が下がる状況に「トップが12アンダーとか出ている状況だと、このスコアは納得できないですね」と唇をかんだ。

状態は悪くない。「パッティングはさほど悪い感じはしなかったですが入らなくて。途中から思い切り打てなくなっていた。何か原因があると思う。ショットも昨日に比べたらアイアンも振れいてたし、何かきっかけをつかめればと思う」。それだけに伸ばせないのがもどかしい。「コースがこの感じだと伸ばさなきゃいけないのは分かっていたが、なかなかできなかった」と表情は厳しい。

「5アンダー以上は出さなきゃいけない。10アンダー近く出せればチャンスあると思う」。スコアが出るコース。なにかのきっかけで一気に猛チャージといきたい。

この記事はいかがでしたか?