大阪の病院破綻、コロナ起因否定

「法人経営の稚拙さ」

© 一般社団法人共同通信社

 新型コロナウイルスの軽症・中等症患者の入院を受け入れている大阪市福島区の松本病院は28日、運営法人の医療法人友愛会が大阪地裁に民事再生法の適用を申請したことについて、新型コロナによる経営悪化を否定するコメントをホームページで公表した。帝国データバンクが27日、感染者を受け入れたことなどで外来患者が減り経営破綻したと速報していた。

 コメントでは、感染者の受け入れで外来患者数が落ち込み、経営を圧迫した事実はないとし、申請は「過去の設備投資に伴う過大な有利子負債など、法人経営の稚拙さに起因するもの」と説明した。