智弁学園3―1京都国際

小畠が投打に活躍

© 一般社団法人共同通信社

京都国際の最終打者を空振り三振に仕留め、雄たけびを上げる智弁学園・小畠=甲子園

 智弁学園の小畠が投打に活躍した。140キロ台の直球に、鋭い変化球を織り交ぜた。テンポ良く打たせて取り、3安打1失点完投。小畠は四回に左越えの先制3点本塁打を放ち、自らを援護した。守備ももり立てた。

 京都国際は打線が的を絞りきれなかった。五回の犠飛による1点に抑え込まれた。先発の平野は丁寧に投げていたが、四回にコースが甘くなったところを打たれた。五回から登板した森下は制球に苦しむ中で、要所を締めた。