【パラリンピック】車いすラグビー 日本は英国に敗戦…首相の池「英国は隠していたもの出してきた」

©株式会社東京スポーツ新聞社

日本のエース・池(ロイター)

東京パラリンピック・車いすラグビー(28日、国立代々木競技場)、準決勝が行われ、日本は英国に49―55で敗戦。初の決勝進出を逃し、29日の3位決定戦に回った。

第1ピリオドからパスミスが目立ち、流れをつかむことのできない日本は、前半終了時点で23―25と2点のリードを許す苦しい展開。巻き返しを狙った後半は、第3ピリオドにまさかの大量失点を喫し、点差を9点に広げられた。一矢報いたい最終第4ピリオドも英国の攻撃を抑えることができず、悔しい結果に終わった。

試合後、主将の池透暢(日興アセットマネジメント)は「まだ消化しきれなくて、やってきたことには胸を張りたいが、結果がすべてだというくらいに結果がほしかったのが正直な気持ち」と複雑な胸中を明かした上で「英国はずっと隠してきたものを出してきたと思った。このラインはやらないのかなっていうラインですっと押し倒してきた」と顔をしかめた。

3位決定戦は、米国―オーストラリアの敗者と対戦する。前回のリオ大会に続く銅メダルへ「正直自分たちの中では金だけを見てきたんですけど、応援してくれているみなさんはそういうところ以外を見ている方も多いと思うので、最後まで日本の最高のプレーをやり切って、出し切って、胸を張れる試合をしたい」と決意を新たにした。