松山英樹、第3Rで26位に後退

米男子ゴルフ、プレーオフ第2戦

©一般社団法人共同通信社

第3ラウンド、5番でティーショットを放つ松山英樹。通算8アンダーで26位=ケイブズバレーGC(共同)

 【オウイングズミルズ(米メリーランド州)共同】米男子ゴルフのプレーオフ第2戦、BMW選手権は28日、メリーランド州オウイングズミルズのケイブズバレーGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、15位から出た松山英樹は3バーディー、3ボギーの72と伸ばせず通算8アンダー、208で26位に後退した。

 ブライソン・デシャンボーとパトリック・カントレー(ともに米国)が通算21アンダー、195でトップ。

 今大会は年間ポイント70位までで争われ、松山は現在ポイント16位。大会後の上位30人が最終戦のツアー選手権(9月2日開幕)に進む。