クラス11・伊藤槙紀、女子単で初の銅メダル獲得 日本代表の個人戦終了<卓球・パラ五輪>

© 株式会社ラリーズ

<東京パラ五輪卓球競技 日時:8月25日~9月3日 場所:東京体育館>

28日、東京パラ五輪の卓球競技は4日目が終了し、日本代表の個人戦の全試合が終了した。知的障害を持つ選手が該当するクラス11の女子シングルスで伊藤槙紀(CTCひなり)が準決勝まで進み、銅メダルを獲得した。

日本代表 個人戦総括

写真:伊藤槙紀/提供:ITTF

28日に行われたクラス11の女子シングルス準決勝に伊藤が登場、フランスのレア・フェルネと対戦した。序盤でレア・フェルネに2ゲームを取られ後がなくなった伊藤は第3ゲームでデュースまでもっていくが、最後は10-12でフェルネが制し、準決勝敗退となった。

写真:伊藤槙紀/提供:ITTF

伊藤はリオ大会からの2大会連続出場となったが、今大会で初のメダル獲得となった。日本勢がパラ五輪卓球競技でメダルを獲得するのは2000年のシドニー大会以来で、クラス11では初のメダルとなった。

写真:浅野俊/提供:ITTF

27日のクラス11男子シングルスの準々決勝には浅野俊(PIA)と竹守彪(TOMAX)が登場した。浅野はペーテル・パーロシュ(ハンガリー)とフルゲームに及ぶ熱戦を繰り広げたが2-3で惜敗、竹守もストレートで敗れ、メダル獲得とはならなかった。

写真:古川佳奈美/提供:ITTF

クラス11で出場、2018年の世界選手権で銅メダルを獲得している古川佳奈美(博多卓球クラブ)は、前回大会王者の王婷莛(ウォンティンティン・中国香港)に予選リーグで勝利するも、1勝1敗で予選通過することは叶わなかった。日本選手の結果は以下の通り。

日本代表 個人戦結果一覧

男子シングルス クラス1-5(車いす)

クラス2 皆見信博(香川光卓友会) 予選リーグ敗退

男子シングルス クラス6-10(立位)

クラス9 岩渕幸洋(協和キリン) 予選リーグ敗退

写真:岩渕幸洋(協和キリン)/提供:ITTF

クラス7 八木克勝(モルガン・スタンレー・グループ) 1回戦敗退

写真:八木克勝(モルガン・スタンレー・グループ)/提供:ITTF

クラス7 井上全悠(山陽学園大学) 予選リーグ敗退

写真:井上全悠(山陽学園大学)/提供:ITTF

男子シングルス クラス11(知的)

浅野俊(PIA) 準々決勝敗退

写真:浅野俊(PIA)/提供:ITTF

加藤耕也(あいおいニッセイ同和損害保険) 予選リーグ敗退

写真:加藤耕也(あいおいニッセイ同和損害保険)/提供:ITTF

竹守彪(TOMAX) 準々決勝敗退

写真:竹守彪(TOMAX)/提供:ITTF

女子シングルス クラス6-10(立位)

クラス8 友野有理(日本体育大学) 予選リーグ敗退

写真:友野有理(日本体育大学)/提供:ITTF

クラス10 竹内望(エントリー) 予選リーグ敗退

写真:竹内望(エントリー)/提供:ITTF

女子シングルス クラス11(知的)

伊藤槙紀(CTCひなり) 第3位

写真:伊藤槙紀(CTCひなり)/提供:ITTF

古川佳奈美(博多卓球クラブ) 予選リーグ敗退

写真:古川佳奈美(博多卓球クラブ)/提供:ITTF

決勝総括

28日までに、以下のクラスで決勝戦が行われ、金メダリストが決定した。

クラス1-2(車いす)女子シングルス優勝 劉静(リュウジン・中国)

写真:劉静(リュウジン・中国)/提供:ITTF

クラス3(車いす)男子シングルス優勝 馮攀峰(フェンパーフェン・中国)

写真:馮攀峰(フェンパーフェン・中国)/提供:ITTF

クラス6(立位)男子シングルス優勝 イアン・サイデンフェルド(アメリカ)

写真:イアン・サイデンフェルド(アメリカ)/提供:ITTF

クラス9(立位)男子シングルス優勝 ロレンス・ドボース(ベルギー)

写真:ロレンス・ドボース(ベルギー)/提供:ITTF

クラス11(知的)女子シングルス優勝 エレナ・プロコフェワ(ロシア)

写真:エレナ・プロコフェワ(ロシア)/提供:ITTF

東京パラ五輪卓球競技とは

東京パラ五輪卓球競技は、男女団体と男子シングルスの4種目行われ、障害の程度によって全11クラスに分けられている。男女ともにクラス1~5が車いすで競技を行い、クラス6~10は立位で行う。また、クラス11は知的障害を持つ選手が出場する。

文:ラリーズ編集部