【写真特集】パラ柔道の正木、メダル逃す 男子100キロ超級

©一般社団法人徳島新聞社

 東京パラリンピックの柔道男子100キロ超級は29日、日本武道館で行われ、徳島県立盲学校出身の正木健人(三菱オートリース)は初戦の2回戦でジョージアのレバス・チコイゼに敗れ、ロンドン大会以来、2大会ぶりの金メダル奪還はならなかった。正木は敗者復活戦に回ったものの、初戦でキューバのフェルナンデスに敗れ、3大会連続のメダルを逃した。