東京五輪ジンバブエ代表のS・ビンセントが日本ツアー初V 石川遼は1打届かず2位

© グローバルゴルフメディアグループ株式会社

スコット・ビンセントが日本ツアー初優勝(撮影:岩本芳弘)

<Sansan KBCオーガスタゴルフトーナメント 最終日◇29日◇芥屋ゴルフ倶楽部(福岡県)◇7210ヤード・パー72>

国内男子ツアーの「Sansan KBCオーガスタゴルフトーナメント」最終日が終了。首位から出たスコット・ビンセント(ジンバブエ)が4つスコアを伸ばし、トータル17アンダーで日本ツアー初優勝を飾った。ジンバブエ出身選手としては1999年の「サントリーオープン」のニック・プライス以来の勝利。

1打差の2位に石川遼。6バーディ・1ボギーの「67」とスコアを伸ばしたが及ばず、2019年の「ゴルフ日本シリーズJTカップ」以来の勝利はならなかった。

トータル15アンダーの3位に貞方章男。トータル12アンダーの4位タイに大槻智春、矢野東、金谷拓実。石坂友宏と今平周吾がトータル11アンダーの7位タイ。

19年大会覇者の比嘉一貴はトータル10アンダーで池田勇太とともに10位タイに終わった。