IOCのロゲ前会長が死去

「TOKYO」開催を発表

© 一般社団法人共同通信社

死去したジャック・ロゲ氏(ゲッティ=共同)

 国際オリンピック委員会(IOC)は29日、ジャック・ロゲ前会長(ベルギー)が死去したと発表した。79歳。死因や死亡日時は明らかにしていない。2001年から13年まで第8代会長を務め、13年9月に20年夏季五輪・パラリンピック開催都市を選定したIOC総会(ブエノスアイレス)で「TOKYO 2020」のカードを手に東京開催を発表した。IOCによると葬儀は近親者のみで行われ、年内に追悼式を開く予定。

 2期12年の在任中は、前任のフアン・アントニオ・サマランチ会長(スペイン)時代に肥大化した五輪の簡素化と近代化を掲げ、実施競技の見直しに取り組んだ。

この記事はいかがでしたか?