選手がリフト付きバスから落下

車いす使用、26日に事故

© 一般社団法人共同通信社

パラリンピックの中間総括記者会見をするIPCのパーソンズ会長(中央)、大会組織委の武藤敏郎事務総長(左)ら=30日午前、東京都江東区のメインプレスセンター

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の武藤敏郎事務総長は30日のパラリンピックの中間総括記者会見で、26日に卓球会場の東京体育館のバス乗降場で車いすの選手がリフト付きバスから降車する際、リフトのワイヤが切れて落下する事故があったと明らかにした。

 選手は会場の医務室で診断を受け、痛み止めの薬を処方されて練習に参加したとし、武藤氏は「幸いにも大きな事故には至らなかった」としている。27日に輸送の責任者が選手らに謝罪した。事故後は当該のバスを使用しておらず「全てのバスのリフトについては現在使用前の点検で動作確認を行っている。入念な点検を徹底したい」と述べた。