競泳の鈴木ら決勝進出

陸上の唐沢、和田も予選を通過

© 一般社団法人共同通信社

男子200メートル自由形(運動機能障害S4)予選のレースを終えた鈴木孝幸=東京アクアティクスセンター

 東京パラリンピック第7日の30日、競泳予選の男子200メートル自由形(運動機能障害S4)で、100メートルの金などメダル3個の鈴木孝幸(34)が全体の2位で決勝に進んだ。

 男子200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)では木村敬一(30)が全体の3位、400メートル自由形2位の富田宇宙(32)は全体の4位で決勝進出。女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S5)でベテランの成田真由美(51)も決勝に進んだ。

 陸上は男子1500メートル(視覚障害T11)予選で5000メートル銀メダルの唐沢剣也(27)、銅メダルの和田伸也(44)が31日の決勝に進んだ。

男子1500メートル(視覚障害T11)予選 力走する唐沢剣也(右端)=国立競技場