東京の7月妊婦感染、最多98人

累計で460人、日本医大調査

© 一般社団法人共同通信社

妊婦の感染者数の推移(東京都)

 新型コロナに感染した妊婦が東京都で昨年4月から今年7月までに累計で460人報告され、7月は最多の98人だったことが、日本医大多摩永山病院の中井章人院長(産婦人科)の調査で30日、分かった。

 千葉県柏市で感染した妊婦の搬送先が見つからずに自宅で早産し、赤ちゃんが死亡した問題を受け、対策が求められているが、感染した妊婦の数の全国集計データはない。中井院長は「医療体制整備のために妊婦の感染状況の実態把握が必要だ」としている。

 調査は、東京都に月ごとの速報値を聞き取ってまとめた。昨年4月から今年6月までは月当たり3~50人だったが、7月に急増し98人となった。