千葉県柏市の秋山市長 4選不出馬を表明「3期12年で新しい人にバトンタッチ」

© 千葉テレビ放送株式会社

千葉県柏市の秋山市長 4選不出馬を表明「3期12年で新しい人にバトンタッチ」

 千葉県柏市の秋山浩保市長は30日、2021年11月の柏市長選挙に立候補しない意向を表明しました。

柏市 秋山浩保市長
「同じ人間が(組織の)トップを継続するのは3期12年が適切だと思うので、3期12年で新しい人にバトンタッチするのが適切と思い、柏市長選挙に出馬しないと決意した」

 秋山市長は30日市役所で記者会見し、11月7日投開票の柏市長選挙に立候補しない意向を表明しました。

 政治家を引退する考えはありませんが、次期衆議院議員選挙など別の選挙へ立候補する予定はないということです。

 市長選に立候補しない理由について「組織のトップを一人の人が長くやると組織が停滞するという弊害がある」と説明しました。

 秋山市長は2009年11月、当時の民主党政権発足後、県内で初めての市長選挙で民主党の推薦を受け初当選して以降、連続3期12年柏市長を務めてきました。

 柏市では31日、市長選に向けた立候補予定者説明会が開催される予定で、自民党の県議会議員や市議会議員らが出馬に意欲を示しています。