《東京パラリンピック》唐沢が陸上男子1500で決勝へ

© 株式会社上毛新聞社

男子1500メートル(視覚障害T11)予選 2組1着で31日の決勝進出を決めた唐沢(右)=国立競技場(撮影・入山亘)

 東京パラリンピック第7日の30日、競泳男子の200メートル自由形(運動機能障害S4)で鈴木孝幸(34)=ゴールドウイン=が銀、200メートル個人メドレー(視覚障害SM11)で富田宇宙(32)=日体大大学院=が銅メダルを獲得した。鈴木は100メートルの金、50メートル平泳ぎと150メートル個人メドレーの銅と合わせて4個目。富田は400メートル自由形2位に続く表彰台で、今大会の日本勢のメダルは20個になった。

 女子50メートル背泳ぎ(運動機能障害S5)で6度目出場の51歳、成田真由美(横浜サクラ)は今大会最後のレースで初めて決勝に進み6位だった。男子200メートル個人メドレーの木村敬一(30)=東京ガス=は5位。

 車いすテニスのシングルスは日本選手団主将で男子の国枝慎吾(37)=ユニクロ、女子の上地結衣(27)=三井住友銀行=が8強入りした。

 県勢の園部優月(17)=筑波大付属視覚特別支援学校高等部3年、富岡市出身=がメンバー入りしている5人制サッカーの日本は、1次リーグでブラジルに敗れて1勝1敗。

 陸上男子やり投げ(上肢障害F46)で白砂匠庸(25)=あいおいニッセイ同和損保=は6位、山崎晃裕(25)=順大職=は7位だった。

 東京パラリンピック陸上男子1500メートル予選で視覚障害T11は唐沢剣也(県社会福祉事業団)が2組1着、和田伸也(長瀬産業)が1組2着で決勝に進んだ。車いすT54では2組7着の鈴木朋樹(トヨタ自動車)がタイムで拾われ決勝進出し、樋口政幸(プーマジャパン)は落選。女子400メートル(知的障害)予選で外山愛美(宮崎銀行)は1分0秒17の1組4着となりタイムで拾われ決勝に進出した。

 男子やり投げ(上肢障害F46)は白砂匠庸(あいおいニッセイ同和損保)が58メートル35で6位、山崎晃裕(順大職)は57メートル69で7位だった。男子100メートル(脳性まひT33=車いす)で安野祐平(楽志)は5位。女子100メートル(視覚障害T11)で高田千明(ほけんの窓口)は予選落ちした。

◎2組1位で予選通過

 30度を超える暑さの中、再び金メダルへの挑戦が始まった。陸上5000メートル(視覚障害T11)で銀メダルを獲得してから3日。唐沢は1500メートル(視覚障害T11)の予選2組を4分13秒32で走り1着、全体4位で31日の決勝進出を決めた。

 27日に行われた5000メートル決勝の疲れもあり、自己ベストの4分7秒72に5秒ほど遅れたが「記録か、組トップを狙った」と納得の表情を浮かべた。

 予選通過を狙ったレースプランがうまくはまった。スタート直後は2番手に付け、2週目中盤の600メートル付近で「先頭の選手が疲れているようだった」(唐沢)。ガイドランナー、SUBARU(スバル)陸上部の小林光二コーチの判断もあり先頭に立った。ゴール手前で2番手の選手に差を詰められる場面はあったが、余裕を持って先頭でゴールラインを駆け抜けた。

 予選1組2着で通過した5000メートル銅メダルの和田伸也は4分7秒96。予選タイムは3選手に届かなかったが、「決勝は全員がそろってスタートするので負けない気持ちで臨みたい。和田さんと一緒に表彰台に立って、ガイドランナーを含め最高の一日にしたい」と気合を入れ直し、頂点を見据えた。 (新井正人)