【京橋】藤田美術館の贅沢すぎる空間「あみじま茶屋」でワンコインスイーツ

© 株式会社大新社

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。

「藤田美術館」があるのは、JR「大阪城北詰駅」から徒歩すぐのところ。JR・京阪「京橋駅」からも徒歩圏内です。

明治時代に活躍した実業家・藤田傳三郎氏のコレクションを広く世に公開すべく、1954年に誕生した同美術館。60年あまり親しまれ、2017年よりリニューアルのために一時閉館中です。再オープンまで約半年と迫る中、まずは先行して「あみじま茶屋」がオープン。美術館併設のカフェという域を超えた、贅沢な設えと味わいに注目が集まっています。

開放感がすごい!今だけの喫茶スペース

オープン以来連日多くの人が訪れる同店。その理由のひとつは、“土間”と名付けられた開放的なアトリウムスペースです。真っ白な壁と天井、土間仕上げの床、木のテーブルと椅子のシンプルな設えに太陽光がたっぷり降り注ぎ、圧倒的な心地よさを演出します。

現在は土間でも飲食可能ですが、2022年4月の再オープン時にはエントランスとなり、イベントやワークショップなども開催されます。贅沢な空間使いをたっぷり楽しみましょう。

美術館のシンボルでもある茶屋(ちゃや)

かつて、峠や宿場の近くには茶屋があり、旅人や街の人が集って地域の情報交換を行なう場として賑わっていました。そんな歴史に寄り添い、網島地域の情報交換の場になるようにとの思いを込めて、エントランスにオープンキッチンのある「あみじま茶屋」を配置。世界各国にミュージアムカフェは数あれど、ここまで食とアートが密接に繋がった構造はとても珍しいそうです。

直線を多用した美しいデザインに目が引かれつつも、左官職人による塗り仕上げのカウンターは滑らかさややわらかさも表現して実にたおやか。無機質と有機質がほどよく溶け合った空間に、思わずうっとりします。

奥へと続くこの扉が、オープン以来“蔵の美術館”として親しまれてきた展示スペースへの入り口。
現在は入ることができませんが、再オープン時には所蔵する国宝9件、重要文化財53件を含む2,000件以上もの東洋古美術を生かした展示が予定されています。

ワンコインでいただけるお団子とお茶のセット

「あみじま茶屋」のメニューは、現在500円の「だんごセット」のみ。醤油とあんこのお団子1つずつとお茶のセットです。

お団子はオーダーが通ってから焼き上げるため、出来立てのおいしさが味わえます。

醤油発祥の地として知られる和歌山県・湯浅の醤油を使用。熱々のお団子を、醤油にさっとくぐらせて仕上げます。

お茶は煎茶・番茶・抹茶から1種類が選べ、それぞれの茶葉の品種は時季によってさまざま。今回は京都宇治産の抹茶をチョイスしました。

美しい手捌きに見惚れます

五感でさまざまな瞬間を感じていただきたいとの思いから、一つひとつ本物の道具を使用。たった500円で、隅々まで気を配ったサービスとおもてなしが受けられるのはありがたい限りです。

お茶とお団子に癒やされる

「だんごセット」(500円)

すてきなお盆で提供される「だんごセット」。向かって左のガラスの器は冷やしあんこで、手前の白いお団子につけながらいただきます。

抹茶を口に含めば、ほどよい苦味としっかりとしたうまみに頬がゆるみます。手にすとんと馴染む作家ものの器もまた特別感たっぷりで、ひと口飲むたびに上質な気持ちへ。

あんこは老舗の和菓子店と共同開発したオリジナル。茶屋のキッチンで炊き上げたもので、なめらかな口当たりと控えめの甘さにこだわった逸品です。
夏の間は冷やして別皿で提供されています。米粉100%ならではのねっちりとしたお団子によく絡み、噛み締めるたびにおいしさがこぼれます。

おいしいひと時の後は公園を散策

お団子とお茶に癒やされたら、隣接する公園を散策するのもオツなもの。

「藤田邸跡公園」は明治半ばに作庭が開始されたとされる回遊式庭園で、池の周りの風景を楽しみながらゆったりお散歩できます。
お団子とお茶を楽しんだ後に庭園散策なんて、まるで粋な茶人の気分。

アートを日常に感じられる茶屋

隅々まで整えられたアートな空間で、一つひとつの材料にこだわったメニューがワンコインでいただける。ちょっと堅苦しく考えてしまいがちな“アート”という存在が、ぐっと身近に感じられます。
デザインや器など本物の美術にも気軽に触れられ、そんなに構える必要はないんだと世界が少し広がったようにも感じます。

  • すてきなカフェを探している
  • 和菓子に目がない
  • 気軽に本物を楽しみたい

そんな人にぜひオススメしたい「あみじま茶屋」。今だけの贅沢な空間ですので、ぜひ訪れてみて!

※掲載内容は取材時の情報です。ご利用の際は最新の情報を事前にご確認ください。

※新型コロナウイルス感染症拡大防止にご配慮のうえおでかけください。マスク着用、3密(密閉・密集・密接)回避、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけましょう。