コロナ、高齢化で予算膨張

過去最大111兆円要求

© 一般社団法人共同通信社

財務省

 国の予算は2022年度も膨張しそうだ。財務省は31日、各省庁からの概算要求を締め切り、基本的な政策に使うお金を管理する一般会計の総額は111兆円台と4年連続で過去最大となった。新型コロナウイルス禍や加速する高齢化への対応で要求額が増え、税収不足を補うための借金の返済に充てる費用もかさんだ。コロナ禍で苦しむ家庭や事業者を支え、着実な経済成長につなげられるのか。巨額予算の使い道が厳しく問われる。

 政府予算案が決まる予定の12月下旬まで財務省が査定して金額を絞り込むが、削減できたとしても数兆円にとどまる。21年度予算は、過去最大の106兆6097億円になった。