J1鳥栖、パワハラで告発文

処分から復帰の金明輝監督

© 一般社団法人共同通信社

J1鳥栖の金明輝監督

 サッカーJ1鳥栖の金明輝監督(40)が選手らに対して継続的に暴力、暴言といったパワーハラスメント行為に及んでいるとの匿名の告発文書が、日本サッカー協会の「暴力等根絶相談窓口」に届いていたことが31日、関係者の話で分かった。Jリーグはクラブを独自に調査するかどうかなど今後の対応を協議する。

 金監督は6月の練習中に選手に足払いして転倒させ、指導の適正範囲を超えた行為だったとしてクラブから3試合の指揮資格停止処分を科された。クラブは第三者委員会を立ち上げて調査したが、追加処分の必要はないとして監督は8月14日の浦和戦から復帰した。