防災の日、首都直下想定の訓練

政府、命守る行動を確認

© 一般社団法人共同通信社

総合防災訓練の緊急災害対策本部会議で発言する菅首相。手前は棚橋防災相、奥は加藤官房長官=1日午前、首相官邸

 「防災の日」の1日、政府は首都直下地震を想定した総合防災訓練を実施した。新型コロナ対策として首相官邸に実際集まる数を抑え、閣僚を含む多くがオンライン参加。各地の自治体では地震や津波、風水害に備える訓練も行われた。気象災害が頻発、激甚化する中、命を守るために必要な判断をイメージし、行動につなげる。

 政府の訓練は午前7時10分ごろ、東京23区を震源とするM7.3の地震が起き、都内で震度7、埼玉、千葉、神奈川各県で震度6強を観測したと想定。菅義偉首相、加藤勝信官房長官、棚橋泰文防災担当相らが官邸で緊急災害対策本部会議を開き、被害や関係省庁の対応を確認した。

防災服姿で官邸に入る菅首相=1日午前