競馬2冠のドゥラメンテが死ぬ

15年日本ダービー、皐月賞制す

© 一般社団法人共同通信社

第82回日本ダービーで優勝したドゥラメンテ=2015年5月、東京競馬場

 日本中央競馬会(JRA)は1日、2015年の皐月賞と日本ダービーを制し、クラシック2冠に輝いたドゥラメンテ(9歳牡馬)が8月31日、種牡馬として過ごしていた北海道安平町の社台スタリオンステーションで急性大腸炎のため死んだと発表した。1週間ほど前からひづめの治療を受けていたが、30日に腸炎の兆候があり、その後急激に悪化したという。

 ドゥラメンテは14年10月にデビュー。G12勝を含む重賞3勝を挙げたが、4歳だった16年の宝塚記念後に左前脚の故障で引退した。通算成績は9戦5勝。初年度産駒のタイトルホルダーが今年の弥生賞(G2)を制した。