渋沢栄一の新1万円札印刷開始式

24年度発行へ準備進める

©一般社団法人共同通信社

新1万円札の見本券=1日午後、東京都北区の国立印刷局東京工場

 財務省は1日、2024年度上半期をめどに発行する新1万円札の印刷開始式を東京都北区の国立印刷局東京工場で開いた。発行前に民間事業者が現金自動預払機(ATM)や自動券売機の改修などの準備ができるよう、早めに印刷を始めた。

 式には麻生太郎財務相や黒田東彦日銀総裁らが出席し、麻生氏がスイッチを押すと印刷機が始動。刷り出された新紙幣のシートの仕上がりを、ルーペで確認した。

 新1万円札は、肖像画に日本の資本主義の父とされる実業家の渋沢栄一を採用。肖像の3D画像が回転したように見えるホログラム技術を世界で初めて紙幣に施した。裏面は東京駅丸の内駅舎の図柄となっている。