杉村が日本初のボッチャ「金」

個人で前回リオ大会覇者下す

© 一般社団法人共同通信社

個人(脳性まひBC2)決勝 タイのワッチャラポン・ウォンサとの対戦で、ボールを投げる杉村英孝=有明体操競技場

 東京パラリンピック第9日の1日、ボッチャの個人(脳性まひBC2)決勝で、杉村英孝(39)=伊豆介護センター=がワッチャラポン・ウォンサ(タイ)を下し、ボッチャで日本勢初の金メダルを獲得した。表彰台は2016年リオデジャネイロ大会のチームの「銀」に続いて2個目。

 ボッチャ日本代表の主将を務める杉村は、1次リーグを3戦全勝で通過した。準々決勝、準決勝と勝ち上がり、決勝はリオ大会覇者に勝った。

 先天性の脳性まひ。重度障害者のために考案されたボッチャと、静岡市内の特別支援学校の高等部3年で出合った。高い投球技術と戦術の幅の広さが持ち味。

準決勝で勝利した杉村英孝