「泳いできた」露男性が難民申請

送還せず、入管施設に収容

© 一般社団法人共同通信社

北海道標津町で防犯カメラに写ったロシア人男性V・ノカルド氏=8月19日(標津町民提供)

 北海道で8月19日に警察に保護され「亡命のため国後島から泳いできた」と話したロシア人男性V・ノカルド氏が、日本で難民認定を申請したことが1日、政府関係者への取材で分かった。男性が当初求めた「一時庇護」を出入国在留管理当局が認めなかったため、9月初旬にもロシア側に引き渡される見通しとロシア紙は報じていたが、難民申請をしたため当面は送還されない。現在は入管施設に収容されている。申請は8月27日付。

 男性は40歳前後。約3年前から国後島に住み、17日に行方不明になった。ウエットスーツを着て約24キロを泳いで渡ったとされるが、ゴムボートを使ったとの報道もある。