「感染で10万円」保険販売休止

第一生命、感染者急増で

© 一般社団法人共同通信社

 第一生命保険は1日、新型コロナウイルスに感染した加入者が10万円の保険金を受け取れる保険商品の新規販売を当面休止したと明らかにした。感染動向に応じて支払う保険料が変動する新しい商品だったが、感染者が急増して価格の維持が難しくなった。約2万の既存契約は引き続き有効で、更新もできる。

 休止した保険は、傘下の第一スマート少額短期保険が4月に募集を始めた「コロナminiサポほけん(特定感染症保険)」。3カ月の保険料が890円から最大で2270円まで変動する設計だったが、想定以上の感染拡大で大幅な値上げが必要となった。料金を再設定し、販売を再開する予定としている。