車いすテニス上地が「銀」以上

諸石、菅野組は銅メダル

©一般社団法人共同通信社

女子シングルス準決勝 オランダ選手を破りガッツポーズで喜ぶ上地結衣。日本女子初の決勝進出を決めた=有明テニスの森公園

 東京パラリンピック第10日の2日、車いすテニスの女子シングルス準決勝で前回銅メダルの上地結衣(27)がオランダ選手を6―2、6―2で下して同競技の日本女子選手で初めて決勝に進出、銀メダル以上が確定した。

 混合上下肢障害ダブルスでは諸石光照(54)、菅野浩二(40)組が3位決定戦で英国ペアを7―5、3―6、7―5で破り、銅メダルを獲得した。1日開始の試合は、降雨中断の影響で2日未明に終了した。

 競泳予選の男子50メートル自由形(運動機能障害S4)で今大会メダル4個の鈴木孝幸(34)が全体の1位で決勝に進出した。

混合上下肢障害ダブルス3位決定戦に勝利し、日の丸を掲げて喜ぶ諸石光照(左)、菅野浩二組。深夜にまで及んだ戦いを制し、銅メダルを獲得した=有明テニスの森公園
混合上下肢障害ダブルス3位決定戦 第1セットを奪い、笑顔の諸石光照(右)、菅野浩二組=有明テニスの森公園