このまま秋本番? 台風や秋雨前線に注意 (解説:#気象予報士 #穂川果音)

© 株式会社サニースポット

このまま秋本番? 台風や秋雨前線に注意 【今秋の3か月予報】 (解説:#気象予報士 #穂川果音) 9月に入ってから季節が一気に進んでいます。 こちらは、この先の東京の予想最高気温の平年値を表したものです。 この緑色の線が平年値。そして、水色の線が予想最高気温です。 来週の半ば頃にかけて、平年よりもかなり気温が低いと予想されています。 また、東京だけではありません。 北日本の太平洋側を中心に、気温が低い傾向と予想されています。 仙台でも、予想最高気温が来週の半ば頃にかけては平年よりも下回っているのが分かります。 この先の秋の天気の傾向はどうなるのか見ていきましょう。 こちらは、8/25に気象庁から発表された3か月予報です。 偏西風の流れは、だいたい平年と同じぐらいの位置の予想ですが、太平洋高気圧は平年よりやや西寄りに張り出す見込みです。 9月は、暖かい空気が入りやすく、沖縄では平年よりも平均気温が高いと予想されています。 一方、北海道は平年よりも平均気温がやや低いと予想されており、北日本から次第に秋めいていきそうです。 10月になると、太平洋高気圧の西への張り出しが残るでしょう。 沖縄のみならず、西~北日本の広い範囲で、全国的に平年よりも平均気温が高い傾向と予想されています。 というわけで、10月は季節の進み方が少しゆっくりとなりそうです。 11月になると、今度は一気に冬型の気圧配置が強まっていきそうです。 偏西風は日本付近では平年に近い流れのため、平年同様に、寒気の影響を受けやすい日が増える見込みです。 このため、全国的にほぼ平年並みの平均気温と予想されています。 11月は一気に季節が進みそうです。 気温の変化も大きい月ですから、体調崩さないようにしっかりと寒さ対策を行うようにしてください。 続いて、この秋の降水量の傾向です。 海面水温は平年よりも高い予想となっていますが、全国的に雨の量としては平年並みでしょう。 ただ、毎年この時期に注意が必要なのが台風です。 特に、9月は台風の上陸数が最も多い月です。 ですから、台風の備えはしっかりとしなくてはなりません。 今秋は、インド洋や太平洋の西部を中心に海面水温が高い傾向で、こういった所では、積乱雲も発生しやすい状況です。 太平洋高気圧の縁を回って、湿った空気が流れ込み、秋雨前線の活動が活発になりやすい時期です。また、台風が発生し、この秋雨前線に暖かく湿った空気を送り込み、更に前線活動が活発になったりと様々なパターンが予想されます。 9月を中心に、台風による大雨への備えはしっかりと行うようにしておきましょう。 #季節予報 #防災の日 #防災週間 #秋 #3か月予報 #台風 #台風情報 #秋雨前線 #大雨警報 #洪水警報 #大雨特別警報 #ゲリラ豪雨 #豪雨 #気象災害 #大雨災害 #災害 #避難 #防災 #緊急安全確保 #サニースポット