アフガンのテコンドー選手敗退

パラ代表2人の競技終了

© 一般社団法人共同通信社

女子49キロ級敗者復活1回戦でウクライナ選手(左)と対戦するアフガニスタンのザキア・フダダディ=幕張メッセ

 東京パラリンピックのアフガニスタン代表でテコンドー女子49キロ級のザキア・フダダディ(22)が2日午後、敗者復活1回戦でウクライナ選手に34―48で敗れた。混乱する祖国を国際社会の支援で脱出し、出場を実現させたアフガン代表2人は全ての競技を終えた。国際パラリンピック委員会(IPC)は今後「選手らが安心できる国」に送り出すとしている。

 フダダディは相手の懐に飛び込み、連続で得点する場面もあり、第2ラウンドまでリード。疲れが見えた第3ラウンドにキックが出なくなり、逆転を許した。フダダディは2日午前の初戦でウズベキスタン選手に敗れていた。