パラ競泳山口、愛媛に凱旋

勤務先社員ら、笑顔で出迎え

© 一般社団法人共同通信社

松山空港で勤務先の四国ガス社員らに出迎えられ、お辞儀をする競泳男子100メートル平泳ぎ金メダリストの山口尚秀選手=2日午後

 競泳男子100メートル平泳ぎ(知的障害)で自身の世界記録を更新し、金メダルを獲得した山口尚秀選手が2日、故郷の愛媛県に凱旋した。松山空港(松山市)では県職員や勤務先の四国ガス社員ら約20人が横断幕などを手に笑顔で出迎え、山口選手は「まずは体を休めて次の大会でも(今回と)近い記録を出せるよう頑張りたい」と語った。

 金メダルを首にかけた山口選手は、四国ガス社員らに深々とお辞儀。四国ガスの片山泰志社長は「一緒に働く者として大変うれしく誇りに思う。しばらくは今後のために英気を養ってもらいたい」とねぎらい、山口選手に花束が手渡された。