オーケー、買収意向を表明

「関西スーパー」争奪戦へ

© 一般社団法人共同通信社

ディスカウントスーパーのオーケー=3日午前、千葉県浦安市

 首都圏を地盤とするディスカウントスーパーのオーケー(横浜市)は3日、近畿地盤の関西スーパーマーケット(兵庫県伊丹市)を買収する意向を表明した。エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングによる関西スーパーの子会社化が撤回された場合、株式公開買い付け(TOB)を実施する方針だ。オーケーとH2Oによる争奪戦に発展し、関西スーパーの主要株主の動向が当面の焦点。

 オーケーは3日に声明を発表。東京証券取引所に上場する関西スーパーに対して1株当たり2250円でTOBを行い、完全子会社化する考えを明らかにした。

 声明では6月に関西スーパー側に買収を提案したと説明している。