【全米OP】錦織圭がフルセットの激闘を制し3回戦進出

© 株式会社東京スポーツ新聞社

激闘を制した錦織(ロイター=USA TODAY Sports)

【ニューヨーク2日(日本時間3日)発】テニスの4大大会、全米オープン男子シングルス2回戦で世界ランキング56位の錦織圭(31=日清食品)は、同61位マッケンジー・マクドナルド(米国)に7―6(7―3)、6―3、6―7(5―7)、2―6、6―3とフルセットの激闘を制し、3回戦進出を決めた。

過去1勝1敗。8月のシティ・オープン準決勝で敗れた相手との対戦。第1セットは先にブレークを許し、リードされたもののタイブレークの末に先取し、第2セットも勢いのまま奪取した。第3セットで5―4とリードし、サービング・フォー・ザ・マッチを迎えるもここから巻き返されて失うと、第4セットも落とした。最終セットでは多彩なショットで相手を翻弄した。

3回戦では世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)とタロン・フリークスポール(オランダ)の勝者と対戦する。