Webブラウザーベースでの編集も可能になったVisual Studio Code用「Python」

© 株式会社マイナビ

Microsoftは現地時間2021年9月3日、Visual Studio Code用拡張機能「Python

バージョン2021.9.1191016588」をリリースした旨を公式ブログで報告した。最新の拡張機能は先のマーケットプレイスや、Visual Studio Code内の拡張機能ギャラリーからインストールできる。新バージョンはWebブラウザーベースでVisual Studio Codeの編集を可能にするgithub.devと連携し、Pythonの編集環境を向上させるなど、80箇所の修正を加えた。

Python拡張機能が有効なVisual Studio codeでは、テストエクスプローラーが有効になり、テストの構成や実行といったでバグ操作が可能になる。また、「実行とデバッグ」にも改良が加わり、ターミナル内でのPythonコード実行にデバッグファイルが含まれるようになった。これらの動作はdebug.jsonファイルで制御できる。Jedi 0.17経由のPython 2.7環境向けIntelliSenseだが、2021年10月以降はJedi 0.18以降のみサポートし、同年11月以降はMicrosoftのPython Languageサーバーの運用も終了するので利用者は注意が必要だ。その他の変更点はGitHubのChangelog