上野由岐子「切り替えて戦う」

ソフト女子L、4日から後半戦

© 一般社団法人共同通信社

ポーズをとるソフトボールの上野由岐子(右から2人目)ら=3日(日本ソフトボール協会提供)

 東京五輪のために中断していたソフトボールの日本リーグ女子は4日に神奈川県大和市の大和スタジアムで後半戦がスタートする。日本代表で金メダルを獲得した選手らが3日、オンラインで記者会見し、上野由岐子(ビックカメラ高崎)は「五輪から切り替えて、リーグ戦に向けて戦っていく」と意気込んだ。

 コロナ禍で、後半戦初戦は無観客開催となるが「(テレビやインターネットの)画面を通して、少しでもソフトボールの楽しさを伝えたい」と普及に意欲をにじませた。救援で活躍した後藤希友(トヨタ自動車)は「五輪の時のように強い気持ちで戦う」と語った。